キャッシングに申し込んだ際の限度額はいくらくらい?

MENU

キャッシングに申し込んだ際の限度額はいくらなのでしょうか?

 

キャッシングというのは、各消費者金融や銀行系カードローンにおいて、最大融資限度額というものが設定されています。

 

しかしその限度額というのはあくまでもその会社で設定している「最大」の融資額となりますので、審査によって個々に上限金額が変わってきます。

 

審査では個人信用情報に記録されている申込者の過去と現在の借り入れ状況、そして返済状況を確認し、そして申し込み書の年収や年齢などを考慮し、融資可能かどうかを判断します。

 

その後、「このくらいならお金を貸しても返済してくれるだろう」という個々の限度額が設定されたキャッシングカードが発行されます。

 

一眼に「初回は●●●円までお金を借りることが出来る」とは言えませんが、初回申し込みですと、まだ返済実績がわからないため、概ね10万円〜20万円程度が一般的です。

 

アルバイトですと多くの場合10万円で、正社員ですと30万円程度でしたらお金を借りることが出来るでしょう。

 

もちろんこれは目安であり、初回の申し込みでいきなり50万円や100万円といった高額な上限額に設定してもらえることもあります。

 

このように申し込み書には「融資希望額」を記入する欄が用意されていますが、その通りのお金を借りることが出来るワケではありませんのでご注意ください。

 

ここで一つ注意するべきことがあり、一社へ申し込みをして十分なお金を借りられなかったからと言って、すぐに別のカードローンへ申し込みをするのは避けてください。

 

短期間のうちに複数社へ申し込みをすることで、それが個人信用情報に記録されてしまい、将来的にローンやクレジットの審査などで不利になってしまいます。

 

どうしてももっとお金を借りたい場合には、返済を遅延することなく、また定期的にキャッシングを繰り返すことによって、数カ月後に限度額の増枠が可能になることがあります。

 

この時、一度でも返済遅延をしてしまうと大きなマイナスポイントとなり、増枠審査に通過出来なくなることもありますのでご注意ください。