生活費が足りない時、どうしてもお金がほしい時はどうする?

MENU

生活費が足りない時、どうしてもお金がほしい時にできる方法とは?

 

どうしてもお金がほしいなら

安心の大手カードローン!!

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

生活費が足りなくてどうしてもお金が欲しい...このような時どうすれば良いのでしょうか?

 

まず、「どのような理由で生活費が足りないか?」で、お金を用立てる方法は異なります。

 

 

「働いていて収入があるけど今月は生活費がピンチ」というのであれば、無駄な出費がある可能性が高いです。

 

生活費を用立てることが出来ましたら、今後、同じようなことで「生活費が足らなくなる」なんて事にならないよう、家計を見なおしてみましょう。

 

家計を見直すことで、意外にも無駄な出費があることに気付かされます。

 

是非とも一度家計を見直し無駄な出費がないかをチェックしてみてください。

 

 

【このページの目次】

 

お金がほしいなら、まずは節約や生活費の見直し!

 

まず、家賃や教育費などはどうしても削ることは出来ませんから、それ以外の項目で削れるところは無いかチェックしましょう。

 

光熱費や食費などは意外と削れる可能性が高い項目です。

 

例えば、無駄にエアコンを使っていないか、外食をしているのであれば出来るだけ自炊する等ですね。

 

医療費や携帯代であれば今よりも安いプランに変更できないかなどチェックしてみましょう。

 

友人との付き合いで出費が大きくなるのであれば回数を減らせば交際費を削減させることが出来ますよね。

 

この様に、どうしてもお金がほしいのであれば「出費に無駄がないか?」そして「削れるところはないか?」を一度見なおしてみましょう。

 

 

いらない物を売ってお金を作るのも1つの手!

 

「働いているけど今月だけ生活費がピンチでどうしてもお金がほしい」という方は、家にある不要品を売ってお金に換えてみると良いでしょう。

 

一つ一つは大した金額にならないかもしれませんが、ある程度数を捌けば結構な金額になったりするものです。

 

近くにリサイクルショップがないという場合でも、宅配買取りを利用すれば大丈夫です。

 

費用も特にかかりませんから、どうしてもお金がほしいなら気軽にためしてみると良いでしょう。

 

 

どうしてもお金がほしいならカードローンで借りる方法も!

 

どうしてもお金がほしいなら

安心の大手カードローン!!

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

「不要品の売却だけでは生活費が賄えない」というのであれば、カードローンでお金を借りることを検討してみると良いでしょう。

 

働いて毎月安定収入があれば、借りれる可能性は十分にあります。

 

即日で融資してくれる金融機関も多いですから、上手くいけば申し込んだその日に借入も可能です。

 

まさに「今すぐどうしてもお金がほしい」というときにも頼りになるでしょう。

 

 

貸金業者の中には一定期間無利息で貸し付けしてくれ金融業者もあります。

 

例えば「借入日から30日以内の返済分は無利息」といったように、指定した期間内に返済した分に関しては利息がかからないというものです。

 

全額返済すれば当然一切利息無しでキャッシングすることも可能です。

 

給料日までの生活費のつなぎとしてどうしてもお金がほしい場合など、すぐに返済できる場合はかなり有効的ですよね。

 

 

銀行カードローンなら消費者金融よりも安い金利で借りれますが、審査条件が厳しめです。

 

融資までに時間がかかることも多いですから、急ぎでどうしてもお金がほしい場合は消費者金融のほうがお勧めです。

 

どうしてもお金がほしいなら

安心の大手カードローン!!

↓ ↓ ↓ ↓

 

 

どうしてもお金が借りれないなら公的貸付制度も!

 

「事情があって働けなくなってしまった」「職を探しているけど中々見つからない」「一時的に生活が困窮している」という方がどうしてもお金がほしい場合は、国や市役所が提供している「公的貸付制度」に相談することをオススメします。

 

生活保護受給や社会福祉協議会による貸付制度など、生活が困窮している方の支援策がきちんと用意されていますので、どうしてもお金がほしいのなら、まずは相談してみましょう。

 

あまり良いイメージを持たれない方も多いですが、本当に受けるべき人が受けるのであれば何の問題もありませんよ。

 

 

安全にお金がほしいなら親や友人に借りる方法も

 

どうしてもお金がほしいと言う時、真っ先に金融業者の利用を検討する方は多いのではないでしょうか?

 

最近はテレビCMなどでもカードローンやキャッシングを目にする機会が増えて、以前よりも身近な存在になりつつありますよね?

 

ですが初めて利用する方にとってはどうしても抵抗があるもの。

 

どうしてもお金がほしいけど、金融業者から借りるのは不安という方は多いことでしょう。

 

では金融業者以外からお金を借りる方法としてどのようなものがあるでしょうか?

 

恐らく殆どの方は親や兄弟、友人からお金を借りようと考えるはずです。

 

金融業者のように審査はありませんので、場合によっては一番確実に現金を手に入れることができる方法と言えるでしょう。

 

 

どうしてもお金がほしい時に、身内から借りる上で必ずしておきたいのが「借用書」の作成です。

 

「え?身内からのお金を借りるのに借用書を作るの?」...恐らくこのように思う方が殆どではないでしょうか?

 

借用書や契約書を作るなんて金融業者からお金を借りるみたい、そう思うかもしれません。

 

身内からの借金でも借用書を作る理由はいくつかありますが、やはり一番はトラブルの防止にあります。

 

「身内間のお金の貸し借りはトラブルになりやすい」
親や友人からお金を借りようとしている方は、この事をしっかりと頭に入れておくことです。

 

金融業者からお金を借りたらきちんと返済するのに親や友人には中々返済しないという方は意外と多いです。

 

どうしてもお金がほしいけど「身内だから」と、ついつい甘えてしまい返済が滞りがちになりやすいです。

 

特に親御さんは返してくれる時に返してくれればいいから等と言うケースが多く、その言葉に甘えてしまう方が多いようです。

 

 

しかし、お金の貸し借りをするからにはきちんとルールを取り決めておかないと、ほぼ確実にトラブルになります。

 

口約束だけで済ませてしまうのはNGです。

 

きちんとお金を貸した・借りたという証拠を残しておくことは非常に重要です。

 

契約書にはいくら借りたのか、誰が貸したのか誰が借りたのか、いつ借りたのか、返済日はいつなのか、金利はいくらなのか等金融業者から借りるのと同じ様に書面に残しておくようにしましょう。

 

書類は貸し主・借り主双方で1通ずつ保管しておくと良いです。

 

また契約書という形でしっかりとお金を借りたという証拠を残すことで、相手も信頼してお金を貸してくれる可能性が高くなります。

 

いくら自分の子供や仲の良い友達とは言えお金を貸すのはどうしても不安になるもの。

 

きちんと返してくれるのかと誰もが心配してしまうものです。

 

契約書に返済日や金利などをきちんと記載しておくことで少しでも安心してもらえるのではないでしょうか?

 

もちろんその為にもきちんとルールを守って返済する事が前提となります。

 

相手の信頼を裏切らないためにも契約書を作成しきちんと約束通りに返済するようにしましょう。

 

 

生命保険に入っていれば、実はお金を借りることも可能!

 

生命保険に入っていればお金を借りれるのをご存知でしょうか?

 

どうしてもお金がほしい時、カードローンやキャッシングの利用を考えてしまう人が多いですが、実は生命保険を利用してお金を借りることも出来るんです。

 

これを契約者貸付制度と言い、どうしてもお金がほしいときなど切羽詰まった状況を切り抜くことが出来るかもしれません。

 

 

契約者貸付制度とは、契約している生命保険の解約返戻金を担保に、生命保険会社からお金を借りる制度のことです。

 

借入額は解約返戻金の70%〜90%前後が一般的ですが、保険会社や生命保険の種類によって違ってきます。

 

この制度を利用できるのは契約者本人だけですので注意しましょう。

 

また手続きに必要となる書類が幾つかありますので、どんな書類が必要なのかよく確認しましょう。

 

お金を借りるわけですから、当然返済しなければいけませんし、利息を併せて返済することを忘れてはいけません。

 

貸付利率は契約した生命保険の予定利率に2%前後上乗せした程度で設定となることが一般的です。

 

もちろん保険会社によって違いがありますが大体は2〜3%前後となることが多いです。

 

 

契約者貸付制度は、解約返戻金のある積立型の保険であれば利用が可能です。

 

但し積立型にも終身保険・養老保険・個人年金保険・学資保険と言ったように幾つか種類がありますので、加入している保険会社に契約者貸付制度が利用できるか確認すると良いでしょう。

 

掛け捨てタイプは解約時に返戻金が生じませんので、どうしてもお金がほしいとしても契約者貸付制度は利用できません。

 

 

契約者貸付制度の申込方法は保険会社によって異なりますが、大体は窓口、電話、ホームページのいずれかの方法で申し込みできます。

 

申し込みを行うと申込書類が送られてきますので必要事項を記入し保険会社に返送します。

 

保険会社によっては本人確認書類等別途で提出する書類があります。

 

書類が保険会社に到着して約1週間前後で口座へお金が振り込まれます。

 

 

返済方法は全額返済・一部返済・毎月返済の3つがあります。

 

全額返済は元金と利息を全て一括で返済する方法です。

 

一分返済は返済額はいくらからでもOKなところと最低返済額を設定しているところがあります。

 

毎月返済は元金と利息を分割で返済していく方法で原則口座振替となります。

 

 

契約者貸付制度のメリットは、保険契約を継続しながらお金を作れること、金融機関で借りるよりも圧倒的に金利が低いこと、簡単な手続きで済むこと、審査がないこと、返済期限がないことが挙げられます。

 

契約者貸付制度は保険契約を解約しないとダメと思っている方もいますがそんな事はありません。

 

キチンと返済できれば保険金が減ることもありませんので安心してください。

 

また契約者貸付制度はもともと契約者が積み立てているお金から貸し付けを受けますので審査がありませんし、信用情報に一切影響しません。

 

 

契約者貸付制度は意外と知られていない方法ですが、どうしてもお金がほしいときは、上手く活用すれば非常に便利なものです。

 

どうしてもお金がほしい場合の用立て方法として覚えておくと良いでしょう。

 

どうしてもお金がほしいなら

安心の大手カードローン!!

↓ ↓ ↓ ↓