水商売・夜の仕事でもキャッシングで融資を受けれるか調べてみました。

MENU

水商売・夜の仕事でもキャッシングで融資を受けれる?

 

クラブのホステス、風俗嬢、キャバクラ嬢など、俗に言う水商売と呼ばれる人達の中には、給料だけでは出費が追いつかず、お金に困っている人も多くいらっしゃるかと思いますが、これら夜の仕事をしていてもカードローンで融資を受けることは出来るのでしょうか?

 

消費者金融や銀行系のカードローンを利用するためには、どこかの会社や企業に在籍し、それなりの勤続年数を迎えていなければキャッシングカードを発行してもらえないとお考えの方も多いようですが、実際のところはアルバイトで短い勤続年数でも融資が可能なのです。

 

もちろん全く収入の無い無職ではお金を借りることは出来ませんが、水商売でも定期的に収入を得ており、安定していれば審査通過は十分に可能です。

 

ただし全ての水商売の方がキャッシング出来るワケではなく、金融事故を起こしていてその記録が信用情報機関に保存されていると新規のキャッシングは出来ません。

 

例えば他社のカードローンやクレジットカードの利用なので、決められた返済期日までに支払わなかった場合、その遅延情報が記録されるため、審査でマイナスポイントになります。

 

他にも借金を全て無くす自己破産や、支払金額や利息の減額をする任意整理といった債務整理をしていると、問題が解決してから5〜10年間はブラックとして登録されてしまうため、新規借入は出来ません。

 

これら信用情報に問題なく、また既に複数社から借入をしていなければ、水商売でもカードローンでお金を借りることが出来ます。

 

ちなみに審査の中で在籍確認の電話が行われますが、水商売では借りられないと勘違いしている人の中にアリバイ偽造会社に依頼をするケースが多いようです。

 

そのようなアリバイ会社を利用するのは犯罪行為ですので利用は避けましょう。

 

また全てのカードローン会社ではありませんが、一部では本名ではなく源氏名での在籍確認電話がOKというところもありますので、本名で抵抗がある場合には、事前に相談してみると良いでしょう。


どのような職種に就いていても、どのような雇用関係であっても、満20歳以上になり安定収入があればお金を借りることが可能な大手消費者金融のプロミスは、利便性だけではなく知名度も高いので安心安全に借り入れすることが出来ます。プロミスとは異なる銀行系カードローンというのは、総量規制対象外で年収額に影響することなく多額のお金を低金利で借りることが出来ますが、即日融資に対応していないケースが多く、また審査も厳しいのでそこまで便利とは言えません。その点プロミスは、審査は同じく緩くはありませんが、申し込みをしたその日のうちにキャッシングカードを発行してもらうことも可能となっており、急にお金が必要な時には重宝す...