カードローンの審査結果がでるまでの期間や日数は?

MENU

カードローンの審査結果がでるまでの期間や日数はどれくらい?

 

カードローンやキャッシングを申し込む上で気になるのが審査ではないでしょうか?
審査に通るかどうかも勿論そうですが、審査結果が分かるまでにどれぐらいの時間がかかるのかも気になるところです。
待っている時間が長くなればなるほど不安になりますから、出来るだけ早く結果を知りたいところですよね。

 

最近のカードローンやキャッシングは昔に比べ審査環境が整っており比較的スピーディーです。
ネット回線はどんどん早くなっていますし、必要書類は郵送ではなくスマホでサッと出来るようになりましたから、審査に移るまでの時間も早いです。
そうは言っても、初めて申込みする人にとっては実際にどれぐらいの期間が必要なのかが分かりませんから不安になるもので。
今回はカードローンやキャッシングの審査時間について解説していきます。

 

 

希望額・混雑状況・借入履歴によって審査期間は変わってくる

 

審査にかかる時間は誰でも同じではありません。
申し込み者の希望する借入額や借入履歴、更には混雑状況によって変わってきます。

 

また業者によっても審査スピードは違います。
大手の消費者金融なら最短30分というところも多く非常にスピーディーです。
これに対し銀行は早くても翌営業日、遅いと1週間以上かかるなんてところもあります。

 

借入額が高額となる場合は基本的に審査に時間がかかります。
消費者金融での借入では希望額が50万円を超える場合に収入証明書の提出が必要となります。
これは本当に返済できるのかを入念にチェックする意味でも提出を求めています。
ですから消費者金融の場合は、収入証明書提出条件に該当する額まで借りる場合は審査二時間がかると思ってよいです。
大手消費者金融なら即日融資に対応していますが、審査が慎重になるとどうしても時間がかかりますのでその日に融資を受けられない場合もあります。
急いでいる方や今日中に借りたいという場合は、こういったことも考慮し希望額は必要最低限に止めておくのが良いでしょう。
逆に10万円前後のキャッシングなら、申し込み者が働いて収入を得ていることを確認できれば良いので、審査もそこまで時間はかかりません。

 

審査に時間がかかるケースは借入額が大きいだけではなく、他社借入がある場合も同様です。
既に他社から借りているとなれば、総量規制や返済能力について入念にチェックしなければ行けませんから必然的に時間がかかるというわけです。

 

また審査時間は混雑状況によっても変わってきます。
希望額が少なくても、申し込み者が多ければ当然時間がかかります。
業者によって混雑する時間帯というのもありますので、その時間帯を避けて申し込むのが良いでしょう。

 

 

銀行と消費者金融はどっちが融資が早い?

 

銀行系カードローンと消費者金融とでは審査にかかる時間が違います。
既にお話した通り、消費者金融のほうが審査にかかる時間は短いです。
大手なら殆どの業者は最短30分で審査結果が分かりますので、いかに対応の速さを売りにしているかが分かります。

 

消費者金融は銀行のように様々な融資商品を扱っているわけではなく、あくまでも個人向けの無担保ローンのみとなります。
いわばそれ専門の業者なわけですから、膨大なデータベースを所持しています。
そこに長年培われたスコアリングモデルを導入しているわけですから審査も速いというわけです。
年齢や性別、年収などの個人情報や他社借入状況、利用履歴などの信用情報を点数で評価し、いくらまでなら貸せるのかを機械的に判断することが出来る審査システムがスコアリングモデルです。

 

一方で銀行は個人向けの無担保ローン以外にも様々な融資商品を扱っているため、消費者金融のようなシステムはありません。
審査システムに違いがあるわけですから、審査にかかる時間も当然違ってきます。

 

 

消費者金融は最短30分、銀行の場合は早くても2,3日は審査に時間がかかります。
しかも消費者金融は融資もその日に可能なことが多いです。
もし急いでお金を借りるのであれば消費者金融を選ぶと良いでしょう。