学生でも作れるクレジットカードってあるの?審査の基準は?

MENU

学生でも作れるクレジットカードってある?審査基準は甘め?

 

大学生になってクレジットカードを持ちたいという方も多いことかと思います。

 

カード一枚で買い物やサービスを利用できるのは非常に便利ですよね。

 

クレジットカードを作りたいけど学生でも問題なく作れるのか疑問に思う方は多いのではないでしょうか?

 

ここでは学生がクレジットカードを作る上での注意点やポイントを解説していきたいと思います。

 

カード会社によって呼称は異なりますが学生の場合は「学生カード」で作るのが基本となります。

 

学生向けのクレジットカードで、学生ならではのメリットを得られるカードと言えるでしょう。

 

学生は社会的に信用がある身分では無いため、利用限度額は高くありません。

 

多くても30万円までが一般的で、キャッシング枠も数万円程度がほとんどです。

 

学生の場合通常のクレジットカードと申込の記入欄が多少異なります。

 

学校名、学年、卒業年月日、年収(アルバイト)、実家の住所、親権者・実家の電話番号等です。

 

基本的に親権者の同意が必要となる場合が多いですから、内緒でクレカを作るということは難しいです。

 

またショッピングやキャッシングで利用した分はきちんと返済をしなければいけません。

 

ですからアルバイトなどで収入を得ていないと申込は不可となりますので注意しましょう。

 

クレカの申込で気をつける点は「嘘偽りなく申告する」ということです。

 

審査に通りやすいようにと収入を偽ったりする方がいらっしゃいます。

 

しかし殆どの情報は調べれば直ぐにバレますので、絶対に止めましょう。

 

逆に嘘を付くことで審査落ちしやすくなりますので、申告は正直にすることです。

 

また親権者の信用情報によってもカードを作れないということもあります。

 

携帯電話をお持ちの方がほとんどかと思いますが、ケータイ料金の遅滞経験がある場合も審査に影響します。

 

どのカード会社なら審査が甘く作りやすいのか?

 

そんな疑問を持つ方も多いことかと思います。

 

残念ながら審査の緩いカード会社というのはまずありません。

 

きちんと審査を行いカード発行を行わないとカード会社もリスクを背負うことになりますから、厳しく審査します。

 

口コミでは楽天カードなら学生でも利用している方が多いとの意見があります。

 

対応が柔軟で審査には通りやすいのかもしれませんので、検討してみるのも良いかと思います。