カードローンで借り換えをする時に、注意するべき点は?

MENU

カードローンで借り換えをする時に、注意するべきポイントは?

 

複数社から借入していると管理が大変なのは勿論ですが、それより何より利息負担が大きくなってしまいます。
その為中々完済できず苦しい思いをされることでしょう。
借入先が複数あればそれに伴い利息負担も大きくなってしまいます。
この負担を少しでも軽減するための方法として借り換えがあります。
複数債務を一本化し返済先を1つにすると同時に利息も1つとなるので返済総額を減額することが可能となります。

 

ですが借り換えは何でもかんでも一本化すれば良いというわけではありません、
考えもなしにまとめてしまうと逆に負担が大きくなってしまうこともあるのです。
そこで今回はカードローンの借り換えをする際に気を付けなければいけないことについて解説していきます。

 

 

借り換えの目的は返済総額or月々の減額?

 

借り換えする目的は返済負担の軽減にあります。
これに関して異を唱える方はいないかと思います。
しかし返済負担といっても人によって返済総額の減額なのか、毎月の返済額の減額なのかは違ってくるかと思います。
借り替えは金利が今よりも安いところへと切り替えることで返済負担を軽減させることが可能です。
しかし金利が安ければ必ずしも自分の目的に合った借り換えが出来るとは限らないのです。

 

 

返済総額の減額なら返済期間に注意が必要

 

既存の借入金利よりも安い金利へと借り換えすることにより元本は減らなくても利息の支払額を減らすことが可能です。
その結果、支払総額を減額させることが出来ます。
しかしここで注意しなければいけないことが1点あります。
それが返済期間です。
返済期間を長く設定すると返済額は分散されますので、その分月々の返済額は少なくなります。
返済負担が軽くなるという意味では間違っていないのですが、返済期間を長く設定した分利息を余計に支払わなくてはいけません。
その結果、借り換えする前よりも支払総額が増えてしまう恐れもあるのです。
返済負担を減らしたいと思って借り換えしたにも関わらず、逆に負担が大きくなってしまっては意味がありません。
借り換えする際はただ単に金利が安いローンに借り換えるだけでなく返済期間も気にかけることが大切です。

 

 

追加の借り入れをするなら銀行の借り換えが良い

 

カードローンの借り換えを消費者金融でするか銀行でするか迷うところかと思います。
一般的に銀行のほうが低金利ですから銀行で借り換えすれば問題ありません。
しかし消費者金融にはおまとめ専用のローンというものがあります。
おまとめローンなら消費者金融でも比較的安い金利で債務を一本化することも可能です。
銀行ほど審査は厳しくないので利用しやすいという利点もあります。
但しおまとめローンは返済専用となりますので追加借り入れは一切出来ません。

 

他社借入を一本化しつつ追加の借入もしたい場合は、銀行カードローンが良いです。
おまとめローンではありませんので返済専用とはなりません。
ですから途中でお金を借りたいと思った時も借りる事が出来ます。
但し銀行は審査が厳しい為、借り換えできない可能性も高いです。

 

 

おまとめ・借り換えローンの詐欺に注意

 

世の中にはおまとめ詐欺を行なう悪質な業者が存在します。
早く返済したいとという人の心理につけ込む悪質な手口ですので、おまとめする際は注意が必要です。
手口は実にシンプルなもので、多重債務で困っている人に低金利のおまとめローンの話を持ちかけます。
その後、補償金や手付金の支払いを求め、実際に支払っても融資してもらうこと無く、その後音信不通となります。
他にも実際に融資してもらえるが法外な手数料を催促するといって手口もあります。
困ったことに、このような業者は有名企業に似た会社名でおまとめの話を持ちかけてくるので、ひっかかてしまう方がいるようです。
正規の金融機関であれば低金利のおまとめローンの案内をすることは先ずありません。
このような話を持ちかけられた時は怪しいと考えたほうが良いです。